【開催レポート】4月28日は「シニアの日®」シニアのためのセカンドライフ入社式

 海外赴任経験のある定年退職者等を、海外進出のための専門家として中堅・中小企業に派遣しているサイエスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:塚崎 義直、以下 当社)は、4月28日の「シニアの日®」にあわせて、第二の人生の新しい幕開けを祝い、今後の働き方・生き方を考える「セカンドライフ入社式」を4月27日に開催しましたので、ご報告いたします。当日は定年退職された60歳以上の方が17名集まりました。

当社は「年齢やバックグランドに左右されない働き方」を提唱し、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、設立しました。4月1日が若者の新卒の入社式であるならば、4月28日(シニアの日)は定年した方の新しい幕開けの日になって欲しいという思いからこのイベントを企画しました。今年で第二回目の開催となります。

▼李と大江英樹氏によるセッション.

 

 

▼集合写真

「セカンドライフ入社式」実施概要

開催日:2018年4月27日(金) 10:30~11:30

内容:

  • 「顧問ビジネスの現状と展望」

サイエスト株式会社 代表取締役共同創業者 李 嘉章(り よしあき)

「2060年には2.5人に一人が65歳以上になることが見込まれる。定年後もシニアの知見を生かして働く環境を作ることが少子高齢化になる人材不足や労働力不足を防ぐことにつながる。」

 

  • 「定年後も働き続ける秘訣、顧問として働く心得」 

サイエスト株式会社グローバル顧問 土井英嗣

「それまで役職についていた方が、いきなりフリーになったり、顧問として別の企業に派遣されると気持ちの面でミスマッチが起こることが多い。謙虚さを忘れずに常に情報収集していくことが大切。」

 

  • 「定年後の働き方について」 弊社代表李とのトークセッション

オフィスリベルタス代表 経済コラムニスト 大江英樹氏

(http://www.officelibertas.co.jp/)

「定年後の三大不安は、健康・お金・孤独と言われている。このような不安を解消するために、とても有効なのが働き続けること。今までの経験を生かして、自分の無理ないペースで働くという意味で、起業や顧問として働くというのは賢明な選択肢である。」

 

  • 入社登録証(賞状と名刺)授与式

サイエスト株式会社 代表取締役共同創業者 塚崎 義直

会場:サイエスト株式会社本社

参加者:グローバル顧問に1年以内に登録した60歳以上の方 17名

 

参加者からのコメント

頭が働くまでは働けるんじゃないかと思っているので、年齢は別に考えていません。新しいことが次々とできるのではないかと思い、わくわくしています。

 

自分の経験とかを生かせるところがあれば全部やってみたい。仕事はあくまで社会との関係なので、利用価値があればこれからもやっていきたい思っています。

 

【サイエスト株式会社 会社概要】
「すべての企業に海外進出のチャンスを」の理念のもと2013年に設立しました。海外ビジネス経験が長い定年後のシニア層を『グローバル顧問』として企業に紹介しています。

会社名 : サイエスト株式会社 http://cyestc.com/
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目17-69 赤坂フェニックスビル4F
創業  : 2013年5月
代表  : 共同代表取締役社長  李 嘉章、塚崎 義直
資本金 : 4,000万円
事業内容: グローバルビジネスの総合コンサルティングサービス

 

取材に関するお問い合わせ:広報室 本谷(ほんや)メール:pr@cyestc.com

電話 : 03-5797-7650/ FAX : 03-5797-7651

写真や映像も準備しております。