『海外展開における知財活用啓発支援事業』
食品輸出の課題解決に向けた民間専門家とのマッチング会

~民間専門家と連携した輸出成功事例の創出~

12.4 WED 13:00 START

03-5797-7652

お問い合わせ
目的
国内の農林漁業者及び中小企業者(以下「事業者」という。)が食品輸出に取り組むにあたり、適切なビジネスパートナーが見つからない、パッケージ等の摸倣を防ぐための知財の活用方法がわからない等の様々な課題を抱えているほか、公的支援においても契約内容(契約の相手方、価格設定等)の見極めなど、事業者の経営判断を伴う事業ステージへの支援が少ない状況となっています。

本マッチング会では、事業者が抱えている食品輸出の課題に対して、選定した民間専門家からの適切なアドバイスにより課題解決を図り、国産の飲食料品・農水産物の輸出に繋げます。

また、アドバイスを実施した民間専門家が、その後も事業者と共同して輸出に取り組むビジネスパートナーとして活用されることを目指します。 さらに、この取組みを通じて、輸出における商品の知財管理等の必要性について普及啓発を図ります。


内容
事前に確認した課題に対して、解決策を提案できる民間専門家を1社あたり3名選定し(知財1名、海外展開2名)、課題解決に向けた相談マッチング(40分×3名計120分程度)を行ないます。また、マッチング会終了後も、希望する場合は、1回1名無料にて民間専門家を派遣し、課題解決に向けたフォローアップを行います。(最大5社)
定員
5社程度
開催日
令和元年12月4日(水)
13:00~17:00
場所
TKP渋谷カンファレンスセンター 1F
東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル
主催
関東経済産業局、関東農政局、北陸農政局

対象企業
(必要要件)

以下を満たす事業者であること
・ 農林漁業者・飲食料品分野の中小企業者
・ 民間専門家との記録を事業報告、ならびに施策検討のために使用することに同意し、かつ事業実施後にアンケートに協力すること。
・ 海外展開における知財活用に関する相談を行うこと又は知財専門家から知財活用に向けたアドバイスを受けること。

※民間専門家からのアドバイスに基づく経営判断は、事業者の責任の下で行って いただきます。万が一各事業者が損害や不利益を被る事態が生じても、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

参加費用

無料

食品輸出に精通した商社OBや知財管理に従事する弁理士等の民間専門家が以下のような課題解決のお手伝いをします。

● 輸出を拡大するための販路開拓方法及び販路開拓先を知りたい。
● 商品のどこを改良すれば現地で受け入れられるようになるか確認したい。
● 契約の相手方が信頼できるか、価格設定が妥当か確認したい。
● 契約書の条件に不利な点がないか、より良い書き方はないか確認したい
● パッケージ等の摸倣を防ぐための商標登録方法を確認したい。
● 反応がいまひとつの英文のウェブサイトやPR資料、商品デザインを見直したい


募集期間

令和元年10月10日(木)から令和10月23日(水)15時まで


応募の流れ

エントリーフォーム 送信

本ページのエントリーフォームよりエントリーしてください。

申込書 送付

事務局より相談マッチング会:申込書(word)と今後の流れなどの詳細をメールにて送付

申込書 提出

  • 申込書をメールにて送付ください。
  • メール件名には「令和元年相談マッチング会」と入力し
  • メール本文には「会社名」「担当者名」「連絡先」を必ずご記入ください。
  • 【送付先】
  • 運営事務局:サイエスト(株)野田・田村
  • E-mail:
  • ※提出期限:10月23日(水)15:00まで

エントリー完了

10月23日(水) 15時締切

申込書をご提出後、運営事務局から受信確認メールをお送り致しますので そちらをもって、正式にエントリー完了となります。

選定結果等のご連絡

書類選考、電話でのヒアリングを経て、10月29日(火)を目処に選定結果(採否)を申し込み企業へ通知します。

また採択された企業には、別途事前ヒアリングの日程調整連絡を致します。

選考等のスケジュール

送付いただいた申込書をもとに以下選定基準に多く該当する企業を優先して選定します。 書類選考において、運営事務局等の関係者が申込書を閲覧するとともに、申請内容の確認や採択の判断の参考とするために、電話ヒアリングをお願いする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

(1)選定基準
①輸出の実行が企業としての決定事項である。
②輸出専門の担当者を任命している。
③マッチング会には代表者若しくはしかるべき幹部が同席できる。
④輸出しようとしている国や地域での販売等が可能であり、必要な認証、特許、商標を有している商品である。
⑤海外での展示会または商談会への出展など具体的な活動計画がある。
⑥輸出しようとしている国の輸出入規制等の市場参入障壁が少ない。
⑦英文のHP作成済み等意欲的に輸出に取り組んでいる。
⑧食品の輸出実績がある。

(2)スケジュール
  10月10日~10月23日:参加事業者募集(募集締め切り:10月23日(水)15時まで)
10月29日頃:選考結果(採否)の通知
10月30日~11月15日:事前ヒアリング
11月29日:食品輸出の課題解決に向けた民間専門家とのマッチング会
12月~2月:事後フォローアップ


(3)採択予定件数
5社程度



マッチング時間

計120分/1社


    

その他留意事項

・マッチング会開催後に、成果把握等のために行うアンケート、フォローアップ調査にご協力をお願い致します。